■メールを返信してもらうには

出会い系サイトにいざ登録して女性にメッセージを送っても返信がないと嘆いている男性諸氏はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その現実を知らずにメッセージを送り続けても、返信してもらえないので意味がありません。

当サイトでは、女性が男性に返信できない細かい理由と、なるべく返信されやすいコツを解説していきたいと思います。

例えば、これは有名出会い系サイトに登録した女性の話ですが、顔写真を載せたとたんにあっという間にメールが来て50通以上も男性からメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

では、もしあなたが女性だったとして一日に30通以上も男性からメッセージが届いて返信しようと思うでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

女性からの返信率を上げるためにはまず女性の目にとまる必要があります。

■ファーストメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

●まず挨拶をする

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

ここでコツとして、自分の名前を相手に教えると好感度が上がります。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

●何が気になったのかを書く

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もしも自己紹介やプロフィール項目などから、ファーストメールのネタが拾えなかったら、私がよく使っているテクニックとして、びびっときました!なんてのもありです。

●メールの最後の文章

以外と皆さん適当に書いてしまっているのが、メールの最後の相手の返信につながる一行です。

メールしましょう!まってます!なんてのは他の人もかいているので、他の人のメールの中に埋もれてしまってあまり相手の目にとまらずに返信してもらえる可能性が低くなってしまうでしょう。

こういった最後の一行で、相手の返信率をあげるためには、相手が返信したくなるような質問系で終わらせることが大切です。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

なので、ものすごい凝った文章を送ることによって、相手に自分の真剣さや、どれだけあなたのことを思っているかを感じてもらえます。

こういった感じで相手の心を揺さぶることにより、ファーストメールの返信率を格段に高めることができます。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信をしてくれる女性というのは出会える確率が高い女性ということなので、テクニックとしてはありっちゃありですが、最初のメールで長い文章だとそもそも読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

ファーストメールの文章は短くも長くもなく10行くらいの文章でシンプルに簡潔にまとめるのが重要だといえるでしょう。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのテクニックには以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、ここで他のライバルたちを出し抜くためにいろいろなテクニックを身につけていってください。

●丁寧な口調でメールを書く

丁寧な言葉遣いと言ってもビジネスシーンでお客様に対して使うような、ものすごくへりくだったような文章でなくても大丈夫です。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●貼り付けはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

少しでも機械的な文章で中身がないと思われたらその女性から返信が来る可能性は低いでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

ですが、あまり相手の名前を出しすぎると狙っている感が出てしまうので、あくまでも自然な感じで名前を呼ぶようにしましょう。

●相手の興味を聞く

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

次のような質問はあまりよくない質問例です。○○さんはイタリアンが好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話の流れはよくある、ありきたりすぎるパターンで、あまり面白いと思ってもらえないような内容です。

女性からしたら、このパターンはやり尽くした感があって、またこのパターンか、と思われてしまってつまらない男だと思われてしまいがちです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●送信時間を一定にする

ファーストメールがおわって次のメールからになりますが、メールの文字数や送信の間隔は相手のペースに合わせると好感を持ってもらいやすいです。

例えばですが、相手が3行くらいのメールだったら、こちらも3行くらいのメールにすることにより、同調してもらいやすくなります。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しいときにあえて中断する

お互いが飽きるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりいいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

このマンネリ化を避けるためには、お互いが楽しさのピークの時にあえてメールを中断するというテクニックがあります。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールは短時間で終わらせて、プライベートなメルアドでやりとりすることがテクニックです。

男性がやりとりに対して料金を負担していることを女性も知っているので、個人的なメールアドレスに移行することを了承してくれやすいと思います。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、あわてず女性の心をすこしずつ開いていかせることが大切です。

上記のことを踏まえて女性とのやりとりをするだけでかなり女性にいい印象を抱いてもらえるでしょう。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●女子大学生

女性大学生と主婦は返信率が高いのですが、それは以下にの理由によるものです。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●ログインが遅い時間帯の人

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

以上のようなことから夜遅い時間帯は男女の交流のパーフェクトな時間帯だといえるでしょう。

●共通点があること

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

そこに住んでいた人にしかわからないようなcmなどの話は特に盛り上がりやすいですので、そういった地域の話をして盛り上がりましょう。

そしてそれは出会い系のメッセージのやりとりでも効果的なテクニックなので、あなたと相手の女性との間に共通点を見つけたらチャンスです。

●相手を操る会話術

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックで誰にでも実現できるとしたら、あなたはそのテクニックをすぐにマスターできると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、返しのパターンを準備しておくことが大切です。

例えば、相手とある程度仲良くなって、相手の本名を聞いたときにまだ打ち解けていなくて教えてくれないときと、すぐに教えてくれるときとがあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

ですが、相手がどういう返信をしてくるかをすべて想定しておくことにより、どんな返事が返ってきても優雅に返信することができます。

そうすれば相手がどのような反応をしたとしても、最終的にあなたが導きたいポイントまで持ってくることができるはずです。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

なぜかというと、相手の性格も千差万別ですし、会話の内容も無限にあるので、このテクニックをつかえば落とせるみたいなのは存在しないからです。

自分でもよくわからないのですが、どうしても相手とつながりたいという思いがあれば、相手からの返事もいいものになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直アドをゲットしたからといって自信過剰にならず、出会いまで、謙虚な態度を心がけることが大切です。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

何度も言いますが、出会い系でのやりとりのコツはこの人と仲良くなりたいという人間的な部分です。

本心から出てくる好意だからこそ、本当に出会いたいと思いますし、いざ出会ったときに幸せなひとときを過ごせると思います。